福井の収益物件の探し方を解説します

収益物件の基本はマンションを建てて、それを人に賃貸しその家賃収入を得ることを目的とするケースが多いです。福井県でも最近は大手のハウスメーカーがマンション経営を提案する営業に力を入れている関係上、おしゃれなコーポ型のマンションの建設が盛んとなっています。従来の住む家があった所を取り壊して、新しくコーポ型のマンションを建築して、その部屋を賃貸して人に貸すという傾向があります。また借りる方も親元を離れた若い世代の方が借りる傾向が見られるため、その若者受けするマンションを建築することがカギを握ります。物件を所有していない方は探して購入を検討される方も多いですが、市内を中心に空き部屋が目立っていたりすることも多いので、立地状況や建築年数がどのくらいになるかがカギを握ることとなります。

嶺北地方より嶺南地方の方が需要度は高い

まず福井県で収益物件を探す場合には、県内で随一の約26万人の人口を誇る市内で探せば、人口が多い分だけ需要度もあり収益の期待が持てます。将来、開通する新幹線の影響も無視できないため、新幹線の駅近くの物件はニーズも高く、収益の期待度も存在します。ただ嶺北地方よりも嶺南地方での賃貸物件の需要度は高い特徴が見られるのも事実です。その理由としては原発が立地しているため、多くの業者が地元に訪れ、地元で借り上げて住む特徴が見られるからとなります。その証拠として嶺南地方では賃貸住宅が少ないため、賃料相場が比較的に高い傾向が見られるので単身用、ファミリー用で使用することができる賃貸住宅は人気です。福井県で収益物件を探す上では、比較的に穴場であるのは嶺南地方となり、地価も安いため収益性も期待できる可能性もあります。

物件を扱っている不動産屋に相談してみるのがおすすめ

福井で収益物件を探す上では、その賃貸物件を数多く扱っている不動産屋に相談すると良いです。ただ不動産屋によって大手と地元密着の不動産屋の二つに分かれますが、信用性なら大手、小回りの利くサービスなら地元密着なら不動産屋となります。ただ賃貸情報のネットワークは、大手の検索サイトに載せるのが主流になっていますので、どちらの不動産屋に相談しても構わないです。なお持ち家率が全国的にも上位に入る県でもあるため、将来的に家を建てて暮らそうと考える方も多いかもしれません。従って地価が高く人口も多い関東や関西の都心部よりも短期的な賃貸となる傾向も強く、それだけ収益を上げにくい場合もあるかもしれません。そのため住む人が暮らしやすい様に、魅力的な付加価値を付けるリノベーションが将来的にも大切な取り組みとなります。