福井の収益物件にはどんな特徴があるのでしょうか

福井の収益物件の特徴としては、まず地方部ならではの立地条件としての環境の良さを挙げることができます。例えば緑あふれる自然環境が揃っており市内の郊外では田畑も見られ、空気が澄んでいて水が美味しい点があります。また都心部よりも地価が割安なため、確保できる面積も広いというのも特徴です。生活に対する代表的な視点としては、健康と環境を志向した生活スタイルを実践されることも多く、ロハスがテーマとなります。スローフード・スローライフを実践し、限りなく無駄を省いた生活スタイルを実施されることも多いです。つまり物件でもエコ環境を重視した物件も見られ、省エネ生活が好まれる傾向があります。他に居住環境も高齢になるに従い、持ち家率がアップし、居住にも拘りを持たれる方も増えています。賃貸物件に暮らすのは若い人を中心としていますので、若い人に好まれる物件は人気があります。それ以外にも設備が整い、外観もおしゃれだと支持されやすいです。

賃貸マンションと貸家という形態に分かれる

福井の収益物件では、まず戸数を収容できる賃貸マンションの物件と一戸建て住宅をそのまま貸す物件とに分かれます。都心部では賃貸マンションが主流となりますが、福井県の様な地方部では貸家を扱われることも多いです。例えば生活の拠点は東京・大阪・名古屋で暮らしていて家自体が余っているため、それを誰かに貸して収益を確保するというニーズもあります。また住んでいた家を取り壊し、賃貸マンションを新しく建てることで、それを経営して定期収入を得ようと検討される方も存在します。現在は各地で新しい賃貸物件も建てられており、そういったマンション経営も普及しつつあります。元々、人口が少ない県でもあり借り手自体も少ないため、建物の設備の良さと賃料の安さを中心に勝負する物件が多い傾向となっています。

物件には高価値をもたらすリノベーションが欠かせない

収益物件を購入する場合、高価値をもたらす条件が必須で、価値をもたらす上ではリノベーションを行うことは欠かすことができません。リノベーションは物件の価値を上昇するためのもので、その価値は金銭的評価に換算されるものとなります。福井県は住みやすい県と口コミでも評判の県で、つまり住に対する拘りの意識が高くなることに直結しています。そのため単に割安だけでは、需要が起きないのも実態です。そこで太陽光発電システムを導入し光熱費が割安だったり、バルコニーの設置、優れたデザイン性、収納豊富、他に家庭菜園出来る場所付き、駐車場も豊富であるといったことも必要だったりします。この様に収益を上昇させたい場合には、そういった付加価値を最大限高める工夫を施すことが肝要です。近年は県内でもその視点に立った収益物件も徐々に増加しつつあります。