福井で収益物件を探す時のポイント

福井県は北陸地方に所属する県で、持ち家率の高い県となりますが、最近は収益物件としての賃貸住宅も数多く見かけるようになっています。物件を探すポイントとして重要な点はまず住居の広さと駐車場などの設備、徒歩でも買い物できるかどうか、自然環境、学校が周辺にあるかどうかです。その理由としては家族で賃貸物件に住むケースも多いためで、しかも鉄道・バスなどの交通機関が都会よりも発展していないため、自動車を所有する必要性が高いからとなります。従って住む上で拘りを持っている方が住む傾向性があるため、設備や広さ、利便性が充実していることがポイントです。なおできれば駅の近くが良いという傾向性はあるもののそれほど駅が近いことに拘りが見られないのも事実です。それとマイホームの所有を視野に入れているケースもあるため、賃貸で借りる期間も短い傾向もあります。

物件価格と総戸数を重視することがポイント

まず入手する物件を探す上では、収益が期待できる物件ばかりを扱っている不動産会社を探すことがポイントです。福井でも近年は収益物件に馴染む新しいマンションも建設され、物件自体の価格も手頃で利回りが大きく期待できる物件も見られます。特におすすめであるのは、元公営住宅でそれを民間に払い渡した物件です。価格も安い点と総戸数が多いため、近隣の相場よりも割安の賃料を設定すると意外と借りる方も多いからとなります。その理由としては、地方は対応する賃貸物件が少ないため、値崩れが起きにくい点があり借主にとっては割高に感じる物件が多数、揃っているからです。つまりそれが相場より割安になれば借りやすくなり、多くの人が集まって来ることとなります。他に将来はマイホームを検討されている方も多いため、そういった事情から安い賃貸物件の需要もあるからです。

住む人の視点に立った物件は価値が上昇するのもポイント

福井の収益物件で人気となるのは、住む人の視点に立った物件であることです。住む人の視点に立つというのは、住む人が暮らしやすい条件を備えていることに他なりません。例えば福井の賃貸物件では都市ガスよりもLPガスを使用する世帯も多く、そのガス代が全国的に見ても割高です。それをオール電化の設備を実現したり、光熱費関係の削減に貢献できる設備を備えると住む人のニーズを確実に満たすことが可能となります。電力・ガスの自由化が開始されましたが、賃貸物件ではその恩恵自体を受けることが難しいケースもあります。そうした賃料だけの安さの視点でなく、光熱費関係に対してなどメスを入れることで住みやすくなり物件の価値自体を上昇させることが可能です。従って住む人の暮らす上でのメリットが多ければ多いほど、収益物件としても安定的な利回りを実現できるので、暮らす上でのメリットを検討することもポイントとなります。